参加者の声(2) ルオンさん(ベトナム)

   

「参加者の声」の2回目は、外国人学習者の声をお届けします!

今回は3月末に祖国ベトナムに帰国した、送別会の様子も前にUPした、ルオンさんをご紹介します。
ルオンさん送別会の様子

彼女にとっての最後のvuivuiの日、いつもより少し早く来てくれたので、日本での感想などを簡単にインタビューさせてもらいました。

 

 

(写真左がルオンさん。メガネはわたくし、mie)

*名前: ター・ティ・ルオンさん (27歳)

*出身:ベトナム ハノイ近郊のバックサン

*家族は6人(父・母・兄二人、妹)

*外国人研修制度で2014年来日、職場は水産加工の工場で2017年3月に帰国。

日本に来る前に4ヶ月、日本語の勉強をしてから来日。

 

「最初は日本語があまり出来なくて、職場の日本人ともうまくコミュニケーションができなかった、仕事の指示もよくわからなかった。職場の日本人はほとんどおばさんたちで、休憩時間などでわからない日本語を教えてもらったりしました。少しずつ日本語もわかってきてからだんだん慣れて楽しくなりました。」

 

日本での生活が1年近く経ってから、会社の人がネットで探してvuivuiを紹介してくれたようです。ルオンさんがvuivuiに来たときはすでに上手だった印象があります。最初は同じ職場の研修生たちがたくさん来てくれたのですが、その中で一番上手でした。

 

「職場の皆さん、vuivuiの皆さんのおかげで、日本語がここまで話せるようになりました。N2も合格できました。3年間はあっという間でした。日本に来る前は3年は長いと思っていたけど、来たらあっという間で、日本語や日本にやっと慣れた頃に帰国しなければならなくて本当に残念です。3年間、大変なこともあったけど、本当に楽しかった。vuivuiにももっと早く来たかった。みんなと出会って本当に良かった、みんなと離れたくないよ!」

そんなことを聞いたらね〜、泣いちゃいます(ToT) 本当に、もっと一緒にいたかったね。。

 

ベトナムに戻ってからの、今後の夢を聞いてみました。

 

「前からずっと日本に憧れを抱いていて、実際に日本に来たらもっともっと日本のことが好きになりました。帰国したら日本の企業に入りたいと思っていますが、日本の企業に入るためにはもっと日本語を勉強しなければいけない。日本で経験したことを生かして仕事ができたらいいなと思います。

そしてまたいつか機会があったら、日本に戻りたい。まだまだ知りたいことがいっぱいあるし、日本で日本語を勉強するのが一番早いし勉強になるから。」

 

ベトナムの空気はとてもゆっくり流れています。時間に比較的ルーズ、まあ、良く言えばゆったりしていておおらか?なんですが、だからベトナムの人が日本に来たら、時間をきっちり守らなければいけないとか、いろいろ厳しく感じることも多いんじゃないかな?大変なんじゃないかな?と思うのですが。。。

 

「私はそういうところが大好きなんです。日本のきちんとしているところが本当に大好き。日本人の考え方とか、日本のルールとかきちんとしているところが本当に好きです。日本人みたいになりたいです。」

お〜〜〜!!そういう風に考えるベトナム人もいるんですね!そう言ってもらえるとなんだか嬉しいです。

 

 

ちなみに、ルオンさんが日本での3年間の中で一番楽しかった思い出は、千葉の鵜原の海での夏合宿だったそうです。。

去年の鵜原キャンプは私も20年近く通っていますが、初めて見た神秘的で美しい海でした。本当に特別な経験だったと思います。

楽しんでもらえて良かった、って思います!

またいつか一緒にこの海に行けたらいいね。ルオンさんの夢が叶いますように、日本からずっと応援しています!

 

外国人研修制度はメディア上ではいろいろな問題が取り上げられています。恐らく、問題も多いのだと思いますし、大変なことは大変なんだと思いますが、vuivuiにいつも来ているベトナム人研修生たちが働いている会社の人たちはとてもいい人たちで、研修生たちのことをちゃんと考えてくれているようです。だからこそルオンさんも3年間を充実した生活ができて、日本をもっと好きになって帰ってくれたのでしょう。こういう企業が増えることを、そして今後の日本の社会に、恐らく欠かせない人材となっていくであろうベトナムの若者たちに、夢と希望を持てるようなきちんとした制度であってほしいと心から願っています!!

 

(今月、私はハノイに遊びに行きますがその時に彼女と会う予定です!楽しみです^^)

mie

管理者はこちら